上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.30 ピペット新調
かれこれ5年ぐらい前に買ったピペットを、
ようやく新しくしました。
ピペット
・・・。

新しいのを見た時は気にしませんでしたが、
こうして並べてみると、


同一商品だとは思えませんでした。


最初買った時こんなんだっけ?(汗)
それとも新製品なのかな。←多分同じ商品

今まで使っていた方は、
ゴムの部分を押すと、中でゴム同士くっついちゃったり、
水槽の中に入れると水漏れしてしまい、
押しても赤虫が出てこなかったりします。
もうボロボロ(^^;)。←それでもしばらく使っていた

でも長年よく頑張ってくれました。
ありがとう(´ω`)。


スポンサーサイト
AQUATAKE-Eさんのセールに行ってきました。
お目当ては、以下の2つ。

クリオン パワーハウスソフトタイプ1L Mサイズ ¥1,680
ニッソー デジタル水温計ND-X ¥598


まずはクリオンのパワーハウスの方から。
ろ材 袋
てっきり箱で売っていると思っていましたが、袋入りでした。
特に箱にこだわるわけではないのですが、
袋入りなのを見ると、これは、

業務用のベーシックの方ではあるまいか。
※ベーシックの方はあまり良くないと聞いた事がある

もしベーシックだったら意味ない・・・(汗)。
うーんうーんとかなり迷ったのですが、結局買いました。
元々今使っているろ材が真っ平で、それ以下にはならないだろうと。

家に帰って調べてみると、ベーシックはコンナカンジ
買って来たのはぽつぽつ穴が開いてるから、正規品だろうか・・・。
ろ材 比較
左:エーハイメック(使用中)    右:パワーハウスM(セール品)


それから、もう一つ買ってきたのが、デジタル水温計。
吸盤式のやつがもう古かったので・・・。

9月6日。
落ちてる
落ちてる。

10月3日。
30-2009-10-03
付けた。

10月7日。
落ちた
                            ↑また落ちた。




ムキーΣヽ(`皿´#)ノ



・・・結果。
水温計の箱
デジタル水温計は初めてです。

早速、取り付け。
デジタル水温計
幅5.5cm、高さ3.5cm、厚さ1cm、使用電池はLR-44。

思ったより小型でした。
でもデジタル数字が大きくて、見易いです。

ところで、密かに気になっていた、

エーハイム  小型魚飼育お買得セット  ¥1,580
 (エーハイム2006とEJ30のセットです)


は、見つかりませんでした。
売れちゃったのかな~。
セール品は通販も予約もなしだそうなので、
早い者勝ちなのですね(´・ω・`)チョットミタカッタナー。


2009.07.04 夏用の蓋
そろそろファンを出そうかな~、と、
水温計とにらめっこする日々ですが、
先日ついに決心して、ファンを取り付けようとしました。
が、取り付けようとして困った事が。

蓋があったら水面に風が行かない。

当たり前だろーという声が聞こえそうですが、
今年の3月までは、
蓋を使わないのが当たり前だったので、
気付かなかったのです(汗)。

蓋があると飛び出し防止になるのですが、
その反面、餌をやるのにがたがた外さなきゃいけないし、
その度に魚が驚くし(慣れれば逆に喜ぶのですが)、
蓋についた水滴が、蓋を外した途端、どじゃー・・・。

数年前に頭に来て以来、蓋は一切使っていませんでした。
けれど、3月にアンジェリカスが来て以来、
30キューブのみ蓋をするようにしました。
・・・一応その前にドワーフ・ボーシャもいたのですが。

面倒 > ボーシャが飛び出す危険性

面倒が勝った。

そんなわけで、蓋+ファンは初めてなのです。
セラタネンシスもその内迎えに行く予定なので、
今のうちにファンと蓋を設置しようと思って、
買ってきたのがこれ。
P1010604_convert_20090704164746.jpg
スベリ止めネット♪
柔らかくって網目が細かいのが良さそう(^^)。
これなら・・・と思って家で出してみたところ、
P1010630_convert_20090704164820.jpg
手が非常にべたつく・・・+。:ヽ(´Д`;)

そりゃそうだ。
だってスベリ止めだもの+。:ヽ(´Д`;)←気付け

こんなにべたついて大丈夫かしらん・・・。
と思いつつ、試しに水槽にかけてみると、

水没

慌てて取り外しました(汗)。
※きちんと洗濯バサミで止めましょう

材料はポリエステル強力系と軟質塩化ビニール・・・。
水についちゃったけど、水質大丈夫かしらん( ̄□ ̄;)。
魚がぶつかっても傷はつかなそうだけど、
ナヨナヨとベタベタが気になる・・・(´・ω・`)。←一応洗ってはみた

で、次に買ってきたのがこれ。
P1010631_convert_20090704170317.jpg
バーベキュー用網(27cm角型)~o(´ω`*) 。
このままだときれいに30キューブに沈むので、
P1010633_convert_20090704170737.jpg
少し角を対角線上に引っぱって、
P1010632_convert_20090704170415.jpg
ひし形にします。※現在はもっと引っ張ってあります

そして設置。
P1010634_convert_20090704170836.jpg
超おざなり。
※一応、ひし形にした事で、ちょっと落ちにくくなります

40cm水槽には、50cm×27cmの折りたたみ網を選択。
そして、こちらも設置。
P1010635_convert_20090704171409.jpg
やっぱりおざなり。

これで防げるといいなぁ・・・(-"-;)。

魚の飛び出しは、どんなに蓋をがっちり閉めても、
飛び出しちゃう子は飛び出しちゃう気がします。
こんなに隙間が無いのに、一体どうやって出たの?
という記事を結構見かけるので・・・。
でもせめて、たまたま驚いて飛んじゃった、
というのは防ぎたい(TT)。

で、前回セラタの飛び出しの後に調べて、
見つけたのがコチラ

テープ一本で驚きの効果

この状態で飛び出しが減るという事は、
水槽の前面すれすれから飛び出す場合が多いのですね。
という事は、前面を重点的にカバーしてあげれば、
少しは防止ができるかな、と。
セラタも右側手前に大きくジャンプしていたので・・・。

というわけで、手軽さと安全性がせめぎあった結果、
我が家では暫くこれでいこうと思います。

網だから、外さなくても餌の投げ入れができるし♪(´ω`*)




phやGHなどの水質測定器具の使用感など。

●デジタルタイプ
・マーフィード ECOphメーター
 デジタル表示で、数字が出ます。
 【長所】
  数字がきちんと出るので、正確な測定が可能です。
  初期投資が高いですが、長い目で見れば、試験紙よりお得。
 【短所】
  買うのにちょっと決心がいります。
  校正剤で毎回ph7.0に合わせるのが非常に面倒です。
 ※調べてみたら、今はボタン1つで自動校正してくれるそうです
    いいなぁ・・・←オイオイ

●試験紙タイプ
・テトラ テトラテスト 6in1(25回分)
 NO3(亜硝酸塩)、NO2(硝酸塩)、KH(炭酸塩硬度)、
 GH(総硬度)、ph(ペーハー)、cl2(塩素)
 上記の6種類の測定ができます。
 やり方は簡単で、試験紙を1秒間、水槽の水につけるだけ。
 【長所】
  6種の水質検査が一気にでき、やり方もとても簡単です。
 【短所】
  色で判断する上、インクがGHとKHなどで混じり合う事があるので、
  正確な測定はできないです。
  更に、ph6.4未満は計測できません。


個人的には、
丈夫な魚であれば、一度水槽に馴染んでしまえば、
極端な事がない限りそのまま飼えるので、
試験紙でも充分だと思います。
チョコレートグラミーなどの水質にうるさい魚の場合は、
デジタル測定器を買って、こまめに水質を見てもいいと思います。



フィルターについての使用感など。

●外掛けフィルター(どれも改造して使っていました)
※改造といっても下敷きを仕切りの大きさに切って、
 下の真中部分を水が通るよう切り抜くというだけのもの。
 下敷きを差したら、お好きなろ材を詰めましょう。
 尚、改造は自己責任でお願い致します。


・テトラ OT-45
 水槽のふちにかけるだけの、簡単・安価なフィルター。
 30cm水槽で使っていましたが、水流が強めです。
 【長所】
  比較的どこの店にも置いてある

・テトラ AT-20
 水槽のふちにかけるだけの、簡単・安価なフィルター。
 20キューブで使っていましたが、水流は弱めでした。
 ただ、ATシリーズは水中モーター式なので、
 夏場の水温上昇が心配でした。
 【長所】
  水中モーターで呼び水いらず
 【短所】
  水中モーターだから水温上昇し易い

・GEX 簡単ラクラクパワーフィルター
 水槽のふちにかけるだけの、簡単・安価なフィルター。
 背面が丸くなっているのが特徴。
 Sはサイズの割には大きくて使い易い気がします。
 単純にろ材だけなら、エデニックシェルトと同じ位入ります。
 (エデニックは更にスポンジの入る場所があります)
 MはSと比べてさほど大きくなっていないような・・・。
 Lにもなると、結構な容量があり、頼もしいです。
 OT-45と比べると格段にろ材の入る量が違います。
 掃除も簡単なので、気に入ってました。
 水流はテトラのOTシリーズと同じ感じで強めです。
 【長所】
  濾過層がテトラの物に比べて大きい
 【短所】
  置いてある店と置いてない店がある

●外部フィルター
・エーハイム2213
 60cm水槽で使っていました。
 ろ過力が強く、水流も強く、水が安定します。
 が、ろ材がたくさん入る分、洗うのが面倒・・・(--;)。
 【長所】
  品質が安定していて、一般的な評価が高い
 【短所】
  重い・・・←超個人的短所

・エーハイム2211
 36cm水槽で使用しています。
 2213の後で見ると、ちっちゃいです。
 ろ材の量もエデニックシェルトと同じくらい。
 水流はエデニックより強く、勢いがあります。
 使用感とろ材の容量からして、
 エデニックの方がろ過力が高い気がします。
 【長所】
  品質が安定していて、小さいので扱いやすい

・エデニックシェルトV2
 30キューブで2台稼動中です。
 ろ材の容量がエーハイム2211と同じで、
 こちらは更に大きなスポンジが入ります。
 水流は弱いです。
 改造しようかと思いましたが、
 エデニックは下手に改造しない方が良い、
 との記述を見かけたのでやめました。
 【長所】
  小型水槽にちょうど良い
 【短所】
  2個買ったら1個は不良品だった
  エーハイムに比べると品質に若干不安が残る
  メーカーであるスドーさんの対応も・・・('A`

●投げ込み式フィルター
 ・水作エイト
 金魚のお部屋に付いてきたフィルターです。
 エアポンプで動かすので、やや音がうるさいです(ポンプが)。
 水作のポンプは静音らしいのですが、使用した事がないです。
 ろ材はスポンジだけなのですが、
 ある程度はろ過してくれてたんだろうと思います。
 【長所】
  入れるだけ簡単
 【短所】
  ろ過力はそれほどない・・・?


個人的には、
ろ過の強い外部フィルターがやはり一番だと思います。
外部+サブフィルターとしてもう一台何かフィルターがあると、
尚良いと思います。
底面フィルターのろ過能力が一番高いと聞くのですが、
大掃除がほぼリセットになるので、
怖くて手を出していません(^^;)。



水槽についての使用感など。

●GEX 金魚のお部屋(M)
・幅359×奥行き220×高さ262(水容量約18L)
・エアポンプ式ぶくぶくフィルター
 一番最初に買った水槽です。
 上下に黒いふちがあり、
 水槽の角に半透明のシリコン(?)があります。
 見た目がいまいちなので、5年程で処分しました。

●コトブキ プログレ600
・幅600×奥行き300×高さ360(水容量57L)
・エーハイム2213、2灯式ライト(10W×2本)
 店員さんオススメのセット(上部を外部に替えてもらいました)。
 曲げガラスが見易くて掃除もし易く、
 更に水の安定はいいし、品揃えも豊富な大きさなのですが、
 私には大き過ぎて、ろ材を洗ったり、水換えをしたりの、
 日常のメンテナンスが大変だったので、4年で処分しました。

●トリオコーポレーション ビバリア20キューブ
・幅200×奥行き200×高さ200(水容量8L)
・テトラAT-20、テトラ9W
 サイコロ型のふちなしガラス水槽です。
 ショップに展示してある小さい水槽に憧れて購入。
 水量が少ないので、水質が安定せず、苔まみれに・・・。
 以来お蔵入りしています。

●トリオコーポレーション ビバリア30キューブ
・幅300×奥行き300×高さ300(水容量25L)
・エデニックシェルトV2×2台、アクアシステム13W
 サイコロ型のふちなしガラス水槽です。
 場所をさほど取らないのに水量が確保できます。
 フィルターのおかげもあると思いますが、
 大きさが手ごろで、水の安定が良いです。

●アクアシステム ルノアール360
・幅360×奥行き220×高さ280(水容量約18L)
・エーハイム2211&ラクラクパワーフィルターM、ルミノ24W
 30キューブですら大きいと思っていた頃、
 原点回帰という事で、大きさは一番最初のMサイズで、
 ふちなし曲げガラスにこだわって選びました。
 が、いまいち水が安定しません。
 きらきらの水が見れたのは、3/365日でした。
 やはり20リットル以下だと水質を安定させるのが難しいです。

●テトラ BG-30
・幅300×奥行き200×高さ230(水容量約12L)
・ラクラクパワーフィルターM&テトラOT-45、アクアシステム13W
 長方形のふちなし全面ガラス水槽。
 隔離水槽として購入しましたが、短期間ならともかく、
 長期維持は私の腕では無理でしたので、
 欲しいという方にお譲りしました。

●トリオコーポレーション ビバリア4028
・幅400×奥行き250×高さ280(水容量約22L←満水時25L)
・エーハイム2211&ラクラクパワーフィルターM、ルミノ24W
 前面曲げガラスのふちなしガラス水槽。
 アンジェリカスが大きくなったら使おうと思っていたのですが、
 セラタネンシスを迎える際、ルノアール360と交代。
 18リットルと比べると、かなり安心感があります。

●プラケース
・虫取り用のプラケ(3L程度)
 隔離等に使っています。
 コリドラスが拒食状態になった時などに重宝しています。


個人的には、
20~30リットルの水槽に外部フィルターを使用して、
飼育数を少なめにするのが楽かなぁと思っています。
ろ材や水の重さを考えなければ60cmがいいのですが、
洗面所とリビングをバケツで往復するのが大変なので・・・(^^;)。


2009.05.24 ボンベその後
CO2が出ました。


出ました、が・・・。

ネジを緩めまくっているにも関わらず、
6秒一滴で添加しています。



またすぐ交換か('A`



水槽の底に敷く砂利などの使用感など。

●砂利
・ADA アクアグラベルS
 水質の変化しない(らしい)川砂利です。
 白や黒や茶色や、色々な色の小石が混ざっています。
 5ミリ位の小さな石の粒です。
 【長所】
  石の先が尖っていない(底魚が傷つかない)
  PHの変化がない川砂

・オセアニアの砂利
 水質変化は不明(多分変化なし)ですが、
 白やオレンジなどの色が綺麗な7~8ミリ程の石です。
 【長所】
  石の先がかなり丸い(底魚が傷つかない)
  色が明るい


●砂
・田砂
 コリドラスの底砂といえば田砂が思い浮かぶほど、
 コリドラスで有名(?)な底砂です。
 全体的に黄色っぽく、なかなか明るいです。
 【長所】
  明るい色
  細かい砂なので、底魚が傷つかない
  水草が植えやすい
 【短所】
  プロホースで吸い上げてしまう
  砂がよくしまるので、底に有害な菌を閉じ込めてしまう


●ソイル
・水草一番サンド
 有茎草がよく育ち、水質浄化能力もあります。
 ただし、ソイルは使っていると崩れてきます。
 そうなると処分しなくてはなりませんので、
 強制的にリセット(もしくはそれに近い状態)になります。
 【長所】
  根っこから栄養を吸うタイプの水草がよく育つ
  水質浄化能力がある
  水質が弱酸性に傾く
 【短所】
  崩れたソイルを捨てる作業が大変
  アルカリ域に住む生体・水草には合わない
  ※マツモなどはすぐバラバラになります


個人的には、
コリドラスには田砂、それ以外は砂利で、
ソイルは水質の悪化しやすい小型水槽(処分も比較的楽)、
という風に使用しています。
※本来は飼育する魚に合わせて選択するべきです(汗)

底砂の厚さは、
20キューブで2~3kg、
30キューブで3~6kg、
30cm水槽で2~3kg、
36cm水槽で4~6kg、
60cm水槽で6~8kg、
くらいを目安にしています。

私は水量を確保したいので薄めに敷きますが、
底砂に水草の肥料を入れて根を伸ばしたい場合、
厚く敷いた方が良いと思います。



2009.05.23 ボンベ交換
CO2のボンベが空になったようなので、
新しいボンベを出して来た。
レギュレーターを取り付けていると、
ブシュー!という音と風がした。

いつもこんなだっけかなぁと思いつつ、
ネジを緩め、開閉ネジを"開"へと合わせる。
待つ事しばし。


CO2が出ない。


・・・。
まさかまさかと思いながら、前回の様子を思い浮かべる。
確かレギュレーターの最後は、"シュッ"だったような・・・。
レギュレーターを付けている時、何か硬いなと思っていたけど、
もしやネジ同士が噛み合ってなかった・・・?
という事は、つまり・・・。


ボンベ1本を一瞬で消費した。


ぐはぁ(吐血)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。