上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.17 左遷
バンブルビーオトシンがエキノドルスの新芽を食べるというので、
アマゾンソード
40cm水槽(←まだあったんか)からアマゾンソードを持ってきました。

苔々だったので捨てようと思っていましたが、
古い葉を捨てたら、結構綺麗でした。
食べられちゃうのがちょっと惜しくなりました(´・ω・`)。


ところで、以前この場所には流木がありました。


旧アンジェリカスボーシャのお家。
ラインドットの家(中古)
今はラインドット(ボルネオプレコ)のお家。



どうなったかと言いますと・・・。



移動した流木
奥に追いやられた。


でもぼるはちゃんと入ってます(笑)。


スポンサーサイト
こうやって見ると、
P1030379_convert_20100502093415.jpg
すごく微笑ましい感じに見えるのですが、

ラインドットが、パンダシャークローチの横腹へ、
P1030380_convert_20100502093433.jpg
頭突きしてました。

頭突きといっても、
P1030386_convert_20100502093512.jpg
押してどかす感じで、

こんな風に、
P1030387_convert_20100502093537.jpg
寄り添ってる状態から、

パンダがじっとしていないので、
P1030389_convert_20100502093628.jpg
離れていたりとか、

とにかくパンダは常にパタパタしていて、
P1030390_convert_20100502093647.jpg
全然落ち着いていませんでした。


これは完全に先入観なのですが、
パンダシャークローチをダーターのイメージで捉えていて、
基本は底ものであり、ガラス面につかまる事はあっても、
普段は床か水草の上にいる子だと思っていました。

P1030354_convert_20100502095156.jpg
左側の赤い印刷の所にいます


なので、しばらくして落ち着いたら水草の上に乗るだろう、
水草の上に乗るようになればボルネオも追わないだろう、
と思っていたのです。

P1030363_convert_20100502095301.jpg
袋の中でも落ち着かなかったパンダ


パンダを迎えるにあたって、危惧していたのが、
アンジェリカスボーシャとセラタネンシスでした。
どちらも他魚を追いかける事があります。

P1030336_convert_20100502102443.jpg
苔で見えないちびドット


それに対してボルネオプレコたちは、
人間に覗かれては逃げ、
セラタに追いかけられては逃げ、
とにかく逃げる魚だったので、危惧していませんでした。

P1030337_convert_20100502102506.jpg
何とか苔の合間から←カメラに気づいて硬直


ラインドットがしばらくパンダにくっついていましたが、
その後、今度はちびドットがパンダにくっついており、
頭突きでどかすのではなく、
行く手を自分の横腹でブロックしていました。

・・・。
こうして思い出してみると、
非常にスローリーではあるけれども、



追いかけ回されてるじゃん・・・orz



追いかけ回されたら、次は飛ぶしかないじゃんか・・・orz



P1030375_convert_20100502100531.jpg
まだまだ大きくなるはずだったのに


帰宅後真っ先に水槽を見て、違和感がありました。


やけに、落ち着いているのです。


・・・。


P1030396_convert_20100501201001.jpg


P1030393_convert_20100501200926.jpg


丈夫で死ににくい魚でも、
それは水の中にいればの話。


妙に泳ぐなあと思ったのに。


お店で最後の子なのに。


私が飼わなくても、他にいい飼い主が現れたはずなのに。


良かれと思って、
また余計な事をしてしまった・・・。




ごめん。




申し訳ない。


とりあえずさっとご紹介。
ぱんだ
パンダシャークローチ。


またにょろい奴か。


ところでこのパンダちゃん、
縄張りがボルネオプレコとかち合うみたいで、
現在ガラス面でラインドットに頭突きをされています。
(しかし気にせず張り付いたり泳ぎ回っている)

次に、
ミクロスレッド
ボララス・ミクロスレッド×7匹。

私にしては珍しい普通の中層魚です。
しかも赤くな(る予定)って派手です。
それが100円で・・・!←なので手が出た
現在群れで集まってスイスイしてます(*^^*)。

そうだよ!
本来熱帯魚ってこんな感じだ・・・!
(オイオイ

最後に。
フネアマ
フネアマガイ。

最強の苔取り職人として名高い、
フネアマガイを迎えてしまいました。
さあ、↓これが一体どうなるのか、楽しみであります。
水槽ガラス面


しかし本当に汚いな・・・(´`


今年に入っての彼ら。
まず、黒さを保っているちびドットちゃん。
はりつきドット
張り付いています。

彼女・・・だか彼だかは、相変わらずちっちゃいです。
次は残りの3匹が縦に並んでいます。

・・・というと、何だか豪華な写真のようですが。
3匹いる
お分かりいただけますでしょうか。

写真中央、一番奥にいるのがセラタ嬢です。
40cm水槽の王者です。
餌の時間はボルネオ'Sを追い掛け回しています(汗)。
彼女は右を向いています。

次にわかりやすいのが、
右側にあるプラスチック容器から体半分を出している、
黄色くなったラインドットです。
左を向いています。

最後に、
ラインドットの上から左向きに頭を出しているのが、
ステルス迷彩のダーターさんです。


このようにして、彼らは主に、
植木鉢の向こう側で暮らしています・・・。


ガラス面に白いお腹が映ってますが、
P1020427_convert_20100109121806.jpg
ラインドットは最近背中が黄色いです。

ちびドットちゃんは変わりませんが、
真っ黒だったラインドットは、まさかの黄色。

来たばかりの時
ぼるV1
(左:ちびドット 右:ラインドット)


変なヒト。


2009.12.07 限界に挑戦
お久しぶりです。
体調は何とか回復しましたが、仕事に追われております(^^;)。
今は年末の休みに一縷の望みを賭けて生きております(大げさな)。

ところで、びびりで有名(?)なボルネオプレコ。
迎えた当初は、ちょっと動いただけで、
こちらの視線の届かない所へダッシュで逃げていきましたが、
最近は慣れたようで、そーっと動くぐらいなら逃げません。
ライン1
なので、試し撮りしてみました。


ちなみに、ラインドット(黒・大)です。
この子は餌の気配がすると、砂利にへばりついてる事が多いです。
ライン2
後ろで餌を探すセラタちゃん。


セラタ「何か用?」
ライン3
∑(゚ω゚)エッ
すみません今回はお嬢様が主役じゃないんです


セラタ「あっそう」
ライン4
再び餌探しに戻るお嬢。


逃げないみたいなので、ちょっと寄ります。
ライン5
じりじり。


ライン6
じりじりじり。


ライン7
逃げた。
ここまでが限界の様子。


ところで、もう1匹のちびドットちゃん(点・小)。
ちび1
こちらはガラス面にくっついてる事が多いです。


ラインドットよりは逃げません。
ちび2
寄れるかな~。


ちびドット「ちょっといや。」
ちび3
そ、そうですか・・・(汗)。
でもラインドットと違って、全開では逃げないのね(^^;)。

ちびドットちゃんは、尾っぽを開いたとき、
白い蛍光色のラインがすごく鮮やかに入っています。
ラインドットは薄くラインが入るくらいですが、
ちびドットの尾っぽのラインはすごく目立ちます。
つぼめちゃうと全然分からないので、
たまに開いていると嬉しいです(^^)。


ダーターテトラ、ボルネオプレコ(ライン)、セラタネンシスの、
トライアングルフォーメーション。
セラタとしましま

先週の水曜日から風邪をひいていたのですが、
土曜日から声が出なくなり、
日曜日には37.7度の熱が出ました。
仕事してたらどんどん体がだるくなってくるので、

「あ~37度超えたかも」

と思っていたら、38度近くてびっくり。
どうりで足元がおぼつかないと思った・・・(汗)。

それでもきりのいいところまでと思い、
その後2時間、夜の9時前まで仕事を続けました。
区切りのいいところまできたので、もう限界とばかりにばたんきゅー。
思い出してみると、その日は、

朝から12時間ぶっ通しで仕事してました。
(3食とも上の子が冷蔵庫から何か探して用意してくれました(涙))

そりゃ体調も悪くなるよね(´∀`)。


・・・で、結局。
昨日、今日と会社休んでます(笑)。


9/18
珍しく、水槽前面にボルネオプレコ発見。
寄ってみます。
ボル黒1
ボル黒2
ボル黒3
・・・逃げない。
どっちだ?

ふと見ると、側面のガラスにも。
向こうにくっついてるのは・・・?
ちびドット1
ちびドット2
ちびドットちゃんらしい。


すると君は、、、黒い方。・・・改め、ラインドットか。
ボル黒拡大
寄り過ぎ。

いつもなら、私が近寄るとジャリッと砂利を巻き上げて、
むしろ豪快に逃げていくのに、これは珍しい。
と思って見ていたら。
ボルセラ1
ボルセラ2
ボルセラ3
ボルセラ4
ボルセラ5
ボルセラ6
セラタちゃんが通過してったヾ(´▽`)ノ


ボルネオプレコの餌は、グラニューマリンと赤虫です。
Miniequさんで餌付けして頂いたのです。←頼り過ぎ
そこでとりあえず、スポイトで赤虫を乗せてあげました。

振り払って逃げていきました。

がっかり。←乗せるなよ
仕方ないので、今度はグラニューマリンを、
スポイトで2匹のいる角に降らせました。
けれども、2匹とも動きません。
お店でも餌を入れてもらいましたが、
すぐには食いつかなかったので、放っておく事にしました。

暫くしてから見てみると、なんとグラニューマリンがありません。
砂利の間にもないようです(赤いからすぐ分かる)。
もしや・・・と思って水槽内を探してみると、

やっぱりヤマトが抱えてました。

このヤロウ(-"-;)。
仕方ないので、またグラニューマリンを降らしておきました。
すると今度はそんなに間があかず、
ちびドットが動き出しました。
きちんと匂いを嗅ぎ付けたようです。
が、しかし。

砂利に頭突きをしていました。

頭突きをかます度に、餌は砂利の中へ・・・。
折角気づいたのに(TT)。
仕方ないので、ガラスの入れ物を設置しました。
すると、辺りが透明になってしまったので、
2匹の居場所がヒーター下になってしまいました。

仕方ないので、入れ物を撤去し、
左奥の砂利を一部どかして、ベアタンク仕様にしつつも、
元のようにタイニムファで隠してみました。
すると戻ってきたので、そこに餌を置いておいたら、
ちびドットがむっはむっは蹴散らすように食べていました。

入っているのか入ってないのかは分からないが、
とりあえず良かった(´ー`
後は黒い方も食べてくれればいいのだけど・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。