上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.29 おくりもの
数年前の母の日、私は元義母にこんな物を贈りました。

日本のクモ


私がこんなモン贈られたら死ぬ(゚Д゚;


嫌がらせではありません(TT)。
大層喜んでくれて、
今でもたまにめくって見てるそうです。


・・・で。


たった今、元義姪の為に注文したのがこれ。

世界昆虫記



何これ表紙カマキリ?(゚Д゚;カシラ?




怖ぇぇよおお(TДT




もちろん嫌がらせではなく、
昆虫図鑑が欲しいけど売ってないというのを聞いて、
探したのです。
評価が高いから、良い本なのかな・・・だといいな・・・。
でも確かめようにも、


私この本開けないわ、きっと。


スポンサーサイト
夜、子供の具合が悪くなり、
救急病院に行くべきかどうか、迷う事があります。

そんな時、症状を話して、相談できる窓口があるそうです。
電話番号は、

#8000

シャープを押して、8000で電話がかかるそう。
沖縄県を除く全ての都道府県で利用できるとの事で、
判断に迷ったらかけてみると良いと思います。

私も先日夜の10時に上の子の蕁麻疹が出てしまい、
痒そうにしているので、とても悩みました。
夜間診療の病院も既に閉まっている時間だったので、
呼ぶなら救急車だけど・・・。
どうしよう(@@)。

などと混乱しつつも冷やしていたら、
12時頃に治まったので、次の日に休日外来に行きました。
(土日の出来事だったのです(汗))

今まで何回も判断に迷った事はありましたが、
相談窓口があるのは知らなかったので、
これは便利だなぁと思いました(^^;)。

でもこれ、小児だけ・・・なんですよね。
大人だって自分で判断できるとは限らないから、
大人用も設置して欲しいなぁ。
今はいいけど、きっと年いった時困る(汗)。


-追記-
>東京、神奈川など、
>救急安全センターや救急相談センターのある地域では、
>#7119で対応してくれるようです。
>自分の住む地域のセンターなら、症状に応じて、
>対応できる最寄りの病院を教えてくれたりするようですね。
>身近な救急指定病院を含め、
>ある程度のことは事前に調べておくと安心かもしれません。


sphasphaさんよりコメント頂きましたので、
掲載させていただきます。


2010.03.20 あれっ?
そういえばブログ1周年を超えているような・・・。
確か最初の記事がバレンタインデーだったから、
2月14日で1周年だったハズ。

1月以降何も書いてなかったからなぁ・・・。
どの記事とどの記事の間だろう。
どれどれ・・・。


あ!何か記事を書いてる!!



こあらの記事だ・・・(TT)。


カタカタカタ・・・。←家で仕事中


2人「「キャッキャッ」」←向こうの部屋でお人形ごっこ


私「・・・(そろそろお昼だなぁ)」


私「おーい、キミたち、お昼ご飯何が、何が何が」←ラップ調


2人「・・・・・・。」


私「・・・(かたまったかしら)」


下の子「まま、じゃましないでぇー」←ニヤニヤ笑いつつ


私「・・・・・・・・・


2人「「キャッキャッ」」←遊び再開





キュウジツモシゴト( ̄_ ̄)シテルノニ






では、卒園児の退場です。








一陣の風
        風。



退場の時にダッシュをする奴があるかぁ!

写真撮れねーわ!!Σ(゚Д゚
※正確には、ダッシュして私の前まできた


このママっ子は・・・(´`



2010.03.17 だーたーさん
ここのところ忙しくて、なかなか水槽を覗いていなかったのですが、
今日赤虫を入れたところ、

ダーターさんが3回も捕食ミスしてました。

目で獲物を捕らえるハンターのくせに、餌取りが下手で、
地面に落ちたのを10秒以上睨みつけて飛びつくヘタレでしたが、
さすがに3回連続で落ちてきた赤虫を捕らえられないと、
心配になってしまいます(普段あまり見えないし...)。


もう年かなぁ・・・(´`



2010.03.14 年度末
さて。お魚の写真が出るのは1月29日以来という、
とんでもない熱帯魚ブログ(一応)ですが、
まだ暫く開店休業のような状態が続きそうです。

DSC00236.jpg
↑鉢の隙間にダーターさんがいます。

毎年年度末はバタバタするものですが、
下の子が春から1年生なので、

卒業対策委員の係(卒園式の準備)や、
学童クラブの新入生への説明(する側です)や、
確定申告や、
ホワイトデーのお返し(娘が貰った・・・(汗))の用意や、
歯の治療や、
週休半日の仕事などに追われています。


休みぷりーず(TT)。


DSC00239.jpg
↑∑ハッ、餌!?

そんなわけで、お魚さん達には世話が行き届かず、
申し訳なく思っております。
それでも、何とか脱落者は出ていません。
水草以外は・・・(遠い目)。

DSC00238.jpg
↑存在をアピールする為に、前へ、前へ!

あのハコの中に納まっているのが面白かったのに・・・。
や、出てきてくれるのはありがたいですけど。
・・・ありがたい(-人-)。←写真撮るだけで餌はやらない

DSC00235.jpg
↑最初、この姿のまま矢印の場所に埋まっていました

あまりにじっとしてるので、面白くて、
携帯で写そうとしたら出てきてしまったわけなのです(^^;)。

水草と一緒に寄せ植えされてる姿はもう・・・(≧▽≦)ノ


去年の12月より、虫歯の治療をしていました。
右の上の奥歯で、虫歯がかなり大きく、
神経を抜いた後も物を噛むと痛いので、
薬を詰めてセメントで蓋をして、それを換えながら、
やっと痛みが引いてきた・・・はずでした。


2月26日(金)
先生が歯を削ったら痛かったので、やめてもらいました。
が、この日から痛みが止まらなくなってしまったのです。
土日の間ずっと痛み止めを飲みつつ我慢していましたが、
あまりに止まず・・・。


3月1日(月)
仕事帰りに歯医者さんに寄って、
土日の間ずっと歯が痛かった事を告げると、
「薬が合わなかった」
と言って、別の薬を(多分)詰め替えてくれました。
ところが、痛みは更に酷くなり、夜も眠れない状態に。


3月2日(火)
会社には遅刻すると連絡して、歯医者に行きました。
ところが、歯医者さんは首をかしげるばかりで、
痛みの原因も、いつ治まるかも、
「全く分からない」
と言われました。

分からない所に通っていても治ると思えなかったので、
会社帰りに、別の歯医者さんを探しました。
そこで調べてもらったところ、特に異常が見つからないので、
「神経を抜く時に、根っこが傷ついたのかもしれない」
と言われました。

薬を入れて処置をしてもらい、いつ治るか聞いてみたところ、
「今日明日中は痛みがある」
との事。
これなら長引いても木曜日までかな?と思っていました。

・・・が。


3月5日(金)
最初の歯医者さんにかかっていた時よりは、
多少楽になった(夜眠れないという事はなくなった)ものの、
やはり痛み止めが必要なくらい痛いので、
知り合いの人に良い歯医者さんを紹介してもらいました。

その歯医者さんが言うには、
「神経が二股に分かれていて、
 分かれている方がまだ生きている」

(可能性が高い)と言っていました。

まっすぐ歯から伸びている神経は処置がしてあるが、
枝分かれしている方には治療器具が入らないので、
薬で神経を殺していくしかないとの事で、
肝心の、いつ痛みが治まるかという事に関しては、
「個人差があるので、いつ治まるかはわからない」
との事(短期の人も長期の人もいるらしい)。

すぐに治す事はできないわけですが、
それでも痛みの原因がある程度分かった事と、
「頑張って治療していきましょう」
という心強い台詞で、ひとまず安心はできました。
少なくとも、

「全く分からない」よりはいい

驚いた事に、治療を受けた次の日から、
歯の痛みが随分治まりました。
1週間ずっと、5時間おきに痛み止めを飲んでいたのですが、
飲まなくても我慢できるくらいにまでなりました。
思っていたより早く治るかも・・・治るといいな(^^;;)。


以前から思っていたのですが、
歯医者さんって腕の差がありますね。
以前にも信頼していた歯医者さんがいたのですが、
今はやめてしまったらしく、
良い歯医者さんがいないかと思っていたのでした。

ただ、問題がひとつありまして、
腕が良いと思う歯医者さんの共通点として、


麻酔が歯が抜けるかと思うほど痛い


麻酔が全く痛くない歯医者さんもいるのですが・・・。
これは何故なんでしょうね・・・(汗)。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。