上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安易に迎えていい魚ではありません(汗)。
チョコグラ
そもそも36cmがぱっと見誰もいない水槽なので、
ボーシャが群れてくれたらと、アンジェリカスを迎えたのですが、
アンジェリカスボーシャが36cmの住人にならなかったので、
最初の状態に戻ってしまったわけです。
・・・で。

じゃあ下層魚は無理だから、
生活圏の重ならない遊泳性のある魚(ここポイント)

グラミーにしよう!

というわけで、ショップを見ていました。
当初は、温和で丈夫で安価で飼育経験もある
ゴールデンハニードワーフグラミーにしようと思っていたのですが、
何しろGHグラミーは優しいイメージがあって、しかも小さいので、

ドワーフボーシャにいじめられないか心配。

だったので、なかなか決心がつかず。
そんな時に見てしまったのがこの子。
写真や雑誌の特集では何度も見ていて、
よく「かわいい」と大絶賛(?)を受けているのですが、
何がかわいいのかはよく分からず。

飼育が難しいのと、色合いが地味なので、
興味はありませんでした。
チョコレートグラミー2
が。


実物を見たら可愛いかった(笑)。


確かにかわいい。
きょろきょろ動く目が金色に光り、正面顔は何だかユーモラス。
ああ、確かにチョコグラはかわいい
しかもGHグラミーより体も大きいし・・・。

一応家に帰って、ネットで色々調べてみたのですが、
PH7.0で飼育している人もいるので、
実験的に迎えてみる事に。

そんなわけで、無謀にもチョコレートグラミーを迎えました。
今36cm水槽にふよふよしています。
うーん、やっぱり可愛い。
どの位可愛いかというと、
携帯の待ち受けを元々入っている画像のまま使っていて、
滅多にいじらない人が、

いきなり待ち受けをチョコグラにするくらいかわいい。
※後にセラタネンシスという別種の写真である事が発覚しました(汗)
  (リンク場所もセラタネンシスのページに変えました)



でもうちで大丈夫かなぁ・・・(-"-;)。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://punizo.blog113.fc2.com/tb.php/110-6c6d7bbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。