上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝6時に起きて水槽を確認してみると、
まだチョコグラはいつもの寝床にいます。

そして何故か、ダーターさんが前面にいます。

最近ダーターさんは、
ボーシャと一緒に引き篭もっていたのですが、
何故かこんな時に限って前に来ています。

ライトが点灯してしばらくすると、チョコレートグラミーは、
水槽右側の砂利にお腹をつけていました。
ダーターさんは前にいるし、ボーシャも後ろからやってきて、
3匹が水槽の一角(しかも水槽前面)に終結しました。

これは・・・ステルバイ効果?←勝手に命名

もしかして、みんな心配して集まってきた??
ステルバイじゃなくても他魚を心配するの??

うちの水槽にも仲間意識が・・・!

と感動したのも束の間、
すぐにボーシャがグラミーを追い散らしました。


病魚になんて事を('A`


前に来てくれるのは嬉しいけど、
君は後ろで引き篭もっててくれた方が安心だよ(泣)。

チョコレートグラミーに赤虫をあげてみたけど、
全く反応を示さず・・・。
ブラインシュリンプが沸くのは夕方頃の予定。
隔離した方がいいのかな・・・。
何の病気かいまいち分かってないのが痛いです。

1.水草に体をこすりつけていた
2.尾ひれに2ミリ程度の白濁した場所がある
3.尾ひれ以外は異常は見られない
4.底砂に腹をつけてじっとしている
5.餌を食べない(食べてもぺっと吐き出す)
6.水草を抜いた後の濁った水を浴びた

6が直接の原因と思いますが、何の病気なのか・・・。
無事に復帰して欲しい・・・orz



-----------
仕事が手につきません・・・。
ちまちま調べた結果、やっぱり尾ぐされ病なのだろうな、
と、自分の中で納得しました。
みじんこも吐き出すし、ブラインはまだ沸かないので、
他の餌を探しにもう一度ショップに行きました。
ショップにも、同サイズでお腹を下に付けている子がいたので、
色々詳しく聞いてみました。

1.低phの方が調子が良くなる
2.お店のチョコグラ水槽のphは、ph6.8~7.0
3.この状態からでも持ち直せる
4.吐き出すのは慣れてない餌だったから(その内慣れる)
5.下手にphを下げようとしても、失敗する事がある
6.水換えと水温上昇させるのも良い
7.砂利のもやが直撃しても、そこまで弱らない
  (砂利にバクテリア等を入れてる場合は除く)
8.1週間くらい食べなくてももつ
9.とにかく少量水換えがオススメ

いっその事サテライトを買って帰ろうかとおもいましたが、
寸でのところで思い留まり、テトラテスト6in1を買って家に帰りました。
硝酸塩 10
亜硝酸塩 0
総硬度 4~8
炭酸塩硬度 3
ペーハー 6.8
塩素 0

思ったより問題ありませんでした(汗)。
昔(←5年位前)はph7.6くらいあったのになぁ・・・。
とりあえず4リットル水換え&ヒコサン0.5ミリリットル追薬し、
気休めにパネルヒーター「ピタリ適温1号」を側面へ。
ブラインが沸きましたが、明日の朝に延期・・・。

ちなみに、30キューブも測ってみました。
硝酸塩 50
亜硝酸塩 0~1
総硬度 4~8
炭酸塩硬度 3
ペーハー 6.4以下
塩素 0

むしろこっちのが問題あるー( Д ;)。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://punizo.blog113.fc2.com/tb.php/115-f77cb1f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。