上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウディマキュラータス(以下カウディマ)が、
またも餌を取れなくなってしまった。

◎状態(進行度合い)
1.餌場に出て来なくなる

2.水流でたまにふわっと体が浮く

3.流されて水草にひっかかる

4.平衡感覚がおかしくなり、きりもみ状態になる

5.腹を上にして浮く

今回の発見は2の状態。
泳いでいる時に、たまに斜めになったり、
止まっている時に、たまに水流で片腹がふわっと浮くのを見て、
様子がおかしい事に気付く。

餌を入れても、すぐ餌場に出てこないなぁ、とは思っていた。
ちびちゃんと違って体が大きいし、
タンクメイトだったステルバイ(白)も一緒に移動したし、
更にボーシャにかじられた腹ビレも丸く再生していて、
ヒレの再生はステルバイより早かったので、問題ないと思っていた。

・貧弱なちびちゃんと違い、元々は元気だった
・30cmに移す前は、病気一つしていない
・外出直前である→プラケの水換えができない

上記3点から、仲間の元へ戻してみよう、と36cm水槽に入れる。

きりもみ状態になる。

もはや腹を下にしてはいられない。
腹を上に向け、水草にひっかかっている。
何とかしようと懸命に泳ぐのだが、
平衡感覚が取れていない。

とりあえず、冷凍ブラインシュリンプをスポイトであげてみる。
食べる。

が、ぺっぺっと吐き出す。

多分本人は食べたいのだろうが、
あのパサパサ(?)が喉に引っかかるのだろう。
今度は冷凍みじんこをあげる。
↑本当は最初からこちらをあげたかったのに、
  間違えて冷凍ブラインを出してしまった

口にどばーとかける。←乱暴
咀嚼しているのを確認。
何度か口にかけてから、外出。


3時間後。
お腹を下にしているものの、目がちょっと出てる・・・。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://punizo.blog113.fc2.com/tb.php/14-33913d62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。