上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月15日の夜に撮った写真です。
ダーターさん 最後の写真
水槽の前面で、やや傾いた状態で「ぜぇぜぇ」言ってました。

前日が上の子の腎生検で、
1日経ったら落ち着いてたから良かったなあと帰宅し、
水槽見た瞬間こりゃ危ないと思い、
カメラを手にしました。←それもどうか

いきなりだったら驚いたと思うのですが、
セラタが飛んでからしばらくして、
ダーターさんが赤虫をごほごほ咳き込んで吐き出していたので、
消化器系が弱っているのかも・・・と思っていました。

毎日の病院通いでロクに面倒も見れず、
帰宅後、通りすがるように餌を入れていたので、
もしかしたら寿命ではなくて、世話が足りなかったのかもしれません。

それでも丸6年、下の子が生まれた年に来て、
よく生きてくれました。
ダーター
ありがとう。


君がいなくなって後、
今ではスネールがどんどんと増殖しているよ。
失って初めて気付いたよ。


喰ってくれてたのね・゜・(/Д`)・゜・。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://punizo.blog113.fc2.com/tb.php/273-51c76de6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。