上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.02 ◆ベタ◆
トラディショナル・ベタ = トラベタ
一番一般的なベタです。
ベタ1
【呼び名】ベタ
薄いピンク色に大きなひらひらしたヒレ。
この姿に一目惚れし、連れてきました。

【飼育難易度】
安価で丈夫です。
ただ、肺呼吸をするので、
水面と蓋の間に隙間がないと、窒息します。

【餌】
・冷凍赤虫
・ひかり ベタ
※ベタ用で、水分の割合の多い餌が良いと思われます

【混泳】
同種のオス以外にはちょっかいを出さないので、
性格的には混泳出来るのですが、
餌を取るのがゆっくりなのと、水流に弱い為、
混泳する際に気を使う魚です。
うちでも最初は60cm水槽にいましたが、餌が取れないので、
60cm水槽→産卵箱→金魚鉢、と住処を変えました。
個人的には、ベタは単独飼育(1匹飼い)が良いと思います。

【性格】
非常にのんびりしていました。
給水口に吸われているので、病気!?と思ってかけつけると、
「なあに?」といった感じで、こちらを見上げます。

給水口に吸われたまんま。

しばらくすると体をぶんぶん振って給水口を脱出し、
水槽の隅で寝転がってたり・・・。←病気ではないです(汗)
人によく懐くし、変わっていて面白い魚です。
ベタ2
たらこ唇。

途中から金魚鉢に入れましたが、餌の時間、
私が手を上にかざすと、イルカのようにジャンプしてきました。
外にべちゃって落ちるんじゃないかと、いつもヒヤヒヤ。
これだけはやめて欲しかったなぁ・・・(汗)。
ベタ3
フレアリングが綺麗だったので遠くから急いで撮ったら・・・失敗。

【フレアリング】
オス同士で、ヒレを全開にする、
フレアリングというものがあるのですが、
何故かたまに一人でやっていました(^^;)。
先の尖った物を見せるとフレアリングするそうですが、
その頃の私はまだ知らず。
一体何を見ていたのか・・・。

【生存期間】
2005年~2006年
水質悪化からマツカサ病を発症し、そのまま・・・。
管理不足です..。
本来なら、寿命は3年以上あります。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://punizo.blog113.fc2.com/tb.php/58-7c41bbea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。